「王様の耳はロバの耳!!」と叫ぶための穴

みんなの前じゃ言えないこと♡

倫理学の入門書読んでんだけど、
ちょっと説明が下手だな~…
自分はわかってて読んでるからいいんだけど、わかる!とかスッキリ明快!みたいなのを謳い文句にするなら
もうちょっとターゲット読者層の理解レベルをリサーチした方が良いのでは、、

わしの経験ではあるが、倫理学とか哲学とかを勉強したい人の多くは難しいって思ってる
その理由はまあ、用語が難しいってのもあるんだけど、結局どっちなの?っていうのがわからんかららしい
世界の真理についての探究であるというのは科学と同じなんだけど、実験して確かめられるというのは科学と違うところ
(最近は哲学的議論に決着をつける科学的エビデンスなんてものもあるが)

ということで、「いろいろな立場があって、いずれも決定的証拠に欠けるためどれが世界の真理かわかりません」って最初に書いておいた方がいい
美学の中心議論(たぶん)である、美は対象に内在するか、それとも外在するかについても決着ついてないはず
ようするに、何かを見て人が美しいと感じるのは、美しさがその対象の性質としてそもそも備わっているのか(内在)、それともどこかから与えられるものなのか(外在)
議論としては外在主義のほうが優勢なのかもしれんが。わからんけど。
美しさがどこにあるか、を科学的証明できないからね
アンケート調査で美しいと思うかどうかと聞くことはできるけど、美しさは内在してるのにそれを感じない人がいるという言い方もできる